トップページへ戻る > フラップ作成が手術のポイント

フラップ作成が手術のポイント

レーシックの手術は大きく2段階に分かれます。
最初にフラップの作成、次に、レーザー照射となるのですが、
レーザー照射は、あらかじめデータを入力して
機械が、精密な作業を行います。
ですから、データにさえ間違いがなければ、
狂いが生じることなく、自動的に行われます。

しかし、フラップの作成は、自動で行うことができません。
レーシック手術が上手くいくかどうかは、
フラップの作成にかかっているのです。

例えば、フラップが薄すぎたり、
めくれるようなカタチに切り取れなかった場合、
手術を続行することができなくなります。
ほとんどこういったことはないのですが、
このようなトラブルがあることも、覚えておきましょう。

こうなると、角膜が回復するのを待って
再手術しか選択肢はありません。

そうです、なんと、回復するんですよ。
これも、すごいことですよね!(^^)

関連エントリー


レーシックって何?
レーシックは視力矯正の手段
レーシックは手術で視力を矯正
視力矯正方法とその特徴
見えにくいと思ったら病院へ
視力の矯正方法は3種類
年齢にあった視力矯正方法
レーシックが最善の方法ではない
メガネの特徴
コンタクトレンズの特徴
屈折矯正手術の特徴
視力回復訓練の効果は?
近視手術の方法と歴史
近視手術は日本で始まった
近視手術の休眠期間
RKの開発
PRKの誕生と普及
PRKの欠点を補うレーシック
レーシックの次の技術
レーシックの特徴
角膜をめくって角膜を削る
エキシマレーザーとは
波長が短いレーザーの特徴
マイクロケラトームとは
フラップ作成が手術のポイント
手術前に綿密な動作確認が必須
イントラレーシックとは?
レーシックを受ける前に
手術の必要性を検討する
手術前の検査を受ける
検査を受ける前の注意点
術前検査の種類と方法
手術を受けられないケース
レーシック手術当日の流れ
手術は約十数分で日帰り
手術の当日に避けること
手術の進み方
手術後の経過
手術後の注意点
フラップがズレるとどうなる?
定期検査を受けよう
レーシックのデメリット
レーシックの短所を熟知しよう
老眼にレーシックは無効
フラップの合併症
近視が戻ることがある
レーシックの合併症
トラブルを早期発見するために
病院と執刀医の選び方
専門医でない執刀医もいる
病院を選ぶのは難しい!
眼科専門医制度とは
眼科専門医を探してみよう
宣伝に振り回されない
安心のレーシック眼科
品川近視クリニック
神奈川クリニック眼科
錦糸眼科
レーシックの疑問を解決
レーシックかPRKか
視力の戻りと失明の心配
手術前後についての疑問
手術費用について
リンク集
健康リンク集1
健康リンク集2
Copyright © 2008~2009 レーシックの危険性は?レーシックの安全性Q&A. All rights reserved